三国志豪傑伝

三国志豪傑伝

三国志豪傑伝のイメージバナー

三国志豪傑伝は、歴史小説「三国志演義」をベースにとしたMMORPGです。プレイヤーは英雄・豪傑のひとりとなって己を鍛え、ライバル達との戦いを繰り広げていきます。三国志ならではの国家対立の再現や、他国に所属する英雄・豪傑(プレイヤー)達との大規模対人戦争など、PvP主体のゲーム内容となっています。 2DタイプのMMORPGなので、低スペックPCでも楽しめます!

三国志豪傑伝のSSその1 三国志豪傑伝のSSその2 三国志豪傑伝のSSその3

三国志豪傑伝の世界観
三国志で、劉備・関羽・張飛が「桃園結義」を通じて互いの意思を確認して力を合わせたように、三国志豪傑伝でもプレイヤー同士が困難な状況を力を合わせて解決する「義兄弟システム」が用意されています。

また、多彩な英雄・豪傑が登場するのも魅力的で、特殊なクエストをクリアすることで、プレイヤーキャラクターとして新たに英雄・豪傑が追加されていくなど、お好みの武将を集める楽しさや、そのキャラクターになりきってプレイを楽しむことができます。

三国間の「群雄割拠戦」
三国志豪傑伝には2種類の大規模戦争があり、その一つが攻城戦の要素を含んだ「群雄割拠戦」です。戦場マップにある6つの城の、城主NPCを倒した軍団(ギルド)がその城を所有権を得る事ができます。

城を所有すると、内部にある特別なMAPを利用することができたり、通行税を徴収することができるといったメリットがあります。攻城兵器を使用したり補給路を遮断して敵を撤退させるなど、緻密な戦略やメンバーの結束が必要不可欠となってきます。

「巫山峡谷戦」
もう一つの大規模戦争は、あの「赤壁の戦い」の舞台となった巫山峡谷をもとにしたマップで繰り広げられる国家間戦争「巫山峡谷戦」です。敵国の移動用NPC(魏:曹操、呉:周瑜、蜀:諸葛亮)を倒し、敵国キャラクターが船上に侵入できなくすることが主目的になります。

敵国プレイヤーを倒すことで特殊なアイテムを得ることもできるので、あらゆる意味で同じ国家に所属するプレイヤー同士の連携が重要となります。

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows 2000/XP/Vista/7
CPU Pentium3 以上 Pentium4 以上
メモリ 512MB 1GB
グラフィックカード VRAM 64MB 以上 VRAM 128MB 以上
HDD 4GB以上
DirectX DirectX 9.0c以上

Copyright (C) 2007 GAMEYAROU Inc. All Rights Reserved.

関連記事