「ガン・ブラッド・デイズ」×「マージナル・オペレーション」とタイアップ決定

「ガン・ブラッド・デイズ」×「マージナル・オペレーション」とタイアップ決定

2012年9月 3日

株式会社ケイブは、新作ブラウザゲーム「ガン・ブラッド・デイズ」において、8月31日(金)、芝村裕吏原作の長編小説「マージナル・オペレーション」(星海社)とのタイアップを決定した。「マージナル・オペレーション」は、9月13日に待望の第2巻が発売となる人気作品。元ニート率いる最強の傭兵部隊が参戦か。

gun_blood_days_collabo.jpg
株式会社ケイブ(本社:東京都新宿区)は、8月より正式サービスを開始した新作ブラウザゲーム『ガン・ブラッド・デイズ』において、8月31日(金)、芝村裕吏原作の長編小説『マージナル・オペレーション』(星海社)とのタイアップを決定いたしました。

 『マージナル・オペレーション』は、芝村裕吏による長編小説で、9月13日に待望の第2巻が発売となる人気作品。
芝村裕吏原作の軍事SF作品2タイトルがコラボレーションする今回のタイアップでは、元ニートの司令官アラタ率いる民間軍事会社が『ガン・ブラッド・デイズ』の日本内戦にどのように参戦するのか注目です!

gun_blood_days_m.jpg

[『マージナル・オペレーション』あらすじ]
30歳のニート、アラタが選んだ仕事は、民間軍事会社、つまり傭兵だった。
アラタは自らに秘められた軍事的才能を発揮し、住み慣れたTOKYOを遠く離れた中央アジアの地で、活躍することとなる。
戦闘の最中、アラタの点数稼ぎを優先させた判断が、ひとつの村を滅ぼしてしまう結果に。
モニターの向こう側で生身の人間が血を流す本物の戦場。
傷を乗り越えたアラタが下した決断とは──? 
『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が生み出す、新たな戦いの叙事詩。

2012年9月 3日|

カテゴリー:MMOニュース

関連記事