『ファンタジーアースゼロ』新規マップ2種類を実装。期間限定でコストが160に

『ファンタジーアースゼロ』新規マップ2種類を実装。期間限定でコストが160に

2012年9月21日

株式会社ゲームポットは、Windows用多人数同時参加型アクションロールプレイングゲーム『ファンタジーアース ゼロ』において、2012年9月18日(火)に、新規マップを2点追加したことを発表した。これらのマップは期間限定で、コストの上限が160に増加する。

fez_ivent_001.png
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社ゲームポット(東京都品川区、代表取締役社長:植田修平、以下ゲームポット)は、Windows用多人数同時参加型アクションロールプレイングゲーム『ファンタジーアース ゼロ』(ライセンス元:株式会社スクウェア・エニックス)において、9月18日(火)、新規マップとして「クノーラ雪原」と「アンバーステップ平原」を実装いたしました。
なお、今回実装された新規マップは9月18日(火)定期メンテナンス終了後から9月24日(月)定期メンテナンス開始前までの期間、コストの上限が160に増加いたします。

☆クノーラ雪原
湖畔とそこに浮かぶ木々茂る島々を表現した、水辺の多いマップです。
進行ルートに高低差があまりなく、様々な戦略が立てられるのが特徴となりますが、一方で防衛側には高台が存在し、防衛に有利なマップとなっています。

fez_ivent_002.jpg

☆アンバーステップ平原
周囲を断崖絶壁に囲まれた、起伏の激しい地形が特徴のマップです。
マップの中央付近には無数の塹壕、起伏の小さい山岳地帯、高低差のある陸橋地形と三様の地形があり、地形を活かした位置取りが重要となるでしょう。

fez_ivent_003.jpg

2012年9月21日|

カテゴリー:MMOニュース

関連記事